本文へスキップ

札幌市議会議員(中央区) はせがわ 衛

いきいき活動〜2018年report

2018/5/17 子どもアシストセンターと若者支援総合センターを訪問

 5月17日、市議会民主市民連合文教委員3名は、バスセンタービル1号館6階の「子どもアシストセンター」及びバスセンタービル2号館1,2階の「札幌市若者支援総合センター」を訪問し、担当者から施設の説明を受けた後、現状と課題等について意見交換しました。

子どもアシストセンター
 子どもアシストセンターは、2009年4月に施行された「子どもの最善の利益を実現するための権利条例(子どもの権利条例)」に基づき設置された機関で、子どもに関する様々な相談に応じています。組織は救済委員2名(弁護士、臨床心理士)、調査員3名、相談員7名と事務局(札幌市子ども未来局職員)で運営され、年間の相談件数は延べで3000件以上あり、多い年は4000件以上になっているとのことです。この中には、相談者に他機関を紹介したものや、相談者の同意を得て学校や関係機関等に働きかける等の調整活動を行ったものも含まれています。 この機関の特徴は、行政からの独立性が確保された、いわば子どものためのオンブズマンであるところにあり、救済委員には必要と判断した場合に「勧告」「意見表明」「是正勧告」などを行う権限が付与されています。

札幌市若者支援総合センター(Youth+センター)
 札幌市は若者の社会参加活動・交流の拠点として、札幌市若者支援施設“Youth+(ユースプラス)”を市内5か所に開設しています。
若者の生活に少しプラスできるような、社会教育に関するイベントやまちづくり活動などを実施し、若者と地域を結ぶ拠点として社会活動への参加をサポートするほか、講座・交流イベントの開催を通じて、若者の仲間づくりや交流を促進しています。 今回訪問したYouth+ センター(若者支援総合センター)1階には、すべての若者が利用できるフリースペースがあり、ユースワーカーと若者が関わる見守りの場となっています。また、様々な活動のためのレンタルルーム5室あり、ミーティングやダンス、演劇練習などに活用されているとのことでした。
2階は相談専用のフロアになっており、どこに相談してよいかわからない人へのワンストップの相談窓口になっています。また、「さっぽろ若者サポートステーション(サポステ)」の就労相談窓口にもなっています。
ひきこもり等の対人関係や、進路・仕事のことなど、様々な悩みを抱える若者(義務教育終了から39歳)および、家族の相談にも応じています。館長やスタッフの話を聞く中で、サポートに真摯に取り組む熱意を感じました。

2018/5/17 第2回定例市議会始まる

 2018年第2回定例市議会は17日に招集され、会期を6月4日までとし、秋元市長から議案18件について提案説明がありました。一般会計補正予算は、有料老人ホーム等の防火対策として、小規模施設へのスプリンクラー設置補助費や中央区役所の建替えに伴う仮庁舎(大通西2丁目ビル)の改修設計費、後期高齢者医療制度の改正に伴うシステム改修費、除雪の労務単価上昇に対応する経費等です。
今後23日、24日に代表質問を行い、29日に各常任委員会での審議が行われる予定です 。
第2回定例市議会

2018/4/21 立憲民主党北海道連合が結成大会を開きました

 昨年秋に立ち上げた「立憲民主党」の北海道組織が結成にこぎつけました。衆議院議員がいない地域では総支部結成が未だ出来ていませんが、近々結成の予定になっています。
当日は「まっとうな政治を取り戻す」ための方針を決定しました。 終了後、枝野立憲民主党代表と語り合う集会が開かれ、多くの市民・道民が会場を埋めました。そして2時間、隙間のない参加者からの質問に対する説得力ある説明が印象に残りました。
立憲民主党北海道連合が結成大会 立憲民主党北海道連合が結成大会

2018/4/16 創世スクエア駐輪場がオープンしました

 今秋(10月7日)全面オープン予定の創世スクエア高層棟地下1階に、大型駐輪場が一足先に16日オープンしました。収容台数は767台で、秋には西2丁目地下歩道と直結する予定です。
高層棟北側の入り口から手で押しながら下り、帰り(上り)は電動式になっており便利な機能を持っています。また、駐輪した後は創世スクエア正面からも出られるようになっています。札幌中心部は歩道部への放置自転車も多く様々な支障を来していることから、利用者が広がっていくことを願っています。料金は当面無料となっています。
札幌市民交流プラザ
高層棟北側駐輪場入り口付近
札幌市民交流プラザ
 駐輪場入り口
三宿中学校夜間学級
入口のスロープ
三宿中学校夜間学級
当日の給食

2018/4/13 公立夜間中学校を訪問しました

 東京都世田谷区の三宿中学校夜間学級を訪問しました。当日は約束の午後5時に、吉田副校長が校門まで出迎えてくれ、午後7時近くまで授業参観を含めて案内をしていただきました。学校の取り組みや現状等については、牧野校長から詳しく説明いただき、今後の札幌市の取り組みの参考になりました。
 東京都には夜間学級設置中学校が8校ありますが、入学資格は基本的に同じです。要件となるのは@学齢を超えていることA原則、義務教育を修了していないことB東京都に在住、在勤していること、となっています。
三宿中学校夜間学級は現在通常学級に45名、日本語学級に38名が在籍しています。国別では日本人が9名のほかは外国人で占められています。驚いたのは、ネパール人が両学級合わせて47名在籍していることでした。
三宿中学校夜間学級
夜間学級玄関
三宿中学校夜間学級
 校長先生から説明を受ける
三宿中学校夜間学級
授業の様子
三宿中学校夜間学級
当日の給食

2018/3/29 第1回定例市議会閉会

 2月20日に招集された2018年第1回定例市議会は、29日の本会議で閉会しました。この日の本会議では2018年度各会計予算案など議案32件(補正予算案は3月6日の本会議で可決)を原案通り可決、成立しました。また、「消費者被害を防止・救済する実効的な消費者契約法改正等を求める意見書」など意見書案8件が可決、「財務省公文書書き換え問題について真相究明を求める決議」案も可決しました。 第1回定例市議会閉会

2018/3/27 札退教美術展

 恒例の札退教(札幌市退職教職員協議会)の美術展が3月27日から札幌資料館で始まりました。今年も私の作品(写真3点:季節の彩り「春」「夏」「秋」)を出展しました。
札退教美術展 札退教美術展

2018/3/14 第一部予算特別委員会で質問に立つ

 第1回定例市議会予算特別委員会は、第一部、第二部に分かれ審議が続いています。
去る3月14日、教育委員会関係の第一部予算特別委員会で、下記の二項目について質問に立ちました。

1、「算数にーごープロジェクト事業」について
 1)算数にーごープロジェクト事業の目的
 2)クラス編成・専用教材の活用
 3)講師の確保・学校の体制づくり

※札幌市は2016年度から小学校の5・6年で25人程度の少人数による指導を実施する「算数にーごープロジェクト事業」をモデル校で試行的に実施してきました。2018年度からは小学校全校で実施する準備に入っています。
この事業は、小学校でつまづきが大きいとされてきた算数の単元(小5:小数の割り算、割り算と分数、割合など、小6:分数の割り算、比例と反比例、拡大図と縮図など)を、少人数(25人以下)で、わかりやすい共通の教材で進めることで、つまづきを解消させたいとのねらいがあります。 第一部予算特別委員会で質問に立つ

2、教員の長時間労働対策
 1)小学校公開研究会の実態把握、取り組み
 2)中学校部活動に対する取り組み
 3)勤務時間の実態把握と今後の取り組み

※昨年第3回定例市議会決算特別委員会で「教員の長時間労働対策」について質問し、答弁された点について、その後の取り組み等を質しました。

2018/2/22 「 札幌市民交流プラザ」建設現場を視察

 2月22日、財政市民委員会は現在建設中の「さっぽろ創世スクエア(北1西1)」の「札幌市民交流プラザ(札幌文会芸術劇場・札幌文化芸術交流センター)」を視察しました。
10月7日(日)のオープンへ向けて、急ピッチに作業がすすんでいました。
札幌市民交流プラザ
市役所側から見た「創世スクエア」
札幌市民交流プラザ
施設全体概要
札幌市民交流プラザ  札幌市民交流プラザ
札幌文化芸術劇場(hitaru)の工事現場

2018/2/20 2018年第1回定例市議会始まる

 2月20日、第1回定例市議会が招集され、会期を3月29日までの38日間としました。
当日は秋元市長から所信表明が行われましたが、その最後に、任期最終年度を迎える一年を「翔」という一字に、札幌の街が飛翔し、目的を成し遂げていくという思いを込めて決意を述べました。その後、2018年度予算編成方針の説明、第1号から第55号までの議案について提案説明が行われました。
 2018年度一般会計予算規模は1兆116億円で前年度比1.5%増、公債会計を除いた特別会計、企業会計を合わせた合計では、国民健康保険会計規模の縮小などの影響により、1兆6344億円となり前年度比1.1%の減となっています。
2018年第1回定例市議会始まる

2018/2/13 第12回医大病院スノーフェスティバル

 去る2月13日、14日に恒例になった医大病院スノーフェスティバルが開催されました。
昨年は医大病院に入院中で励まされる立場でしたが、今年は点灯式に参加できました。
第12回医大病院スノーフェスティバル
日中にスノーキャンドルをつくる保育園の園児たち
第12回医大病院スノーフェスティバル
メイン会場に造られた滑り台ではしゃぐ子どもたち
第12回医大病院スノーフェスティバル
甘酒を振舞う実行委員長
第12回医大病院スノーフェスティバル
作成に参加したNPOノック・オンのメンバー
第12回医大病院スノーフェスティバル
医大遊歩道全景

2018/2/6 札幌市母と女性教職員の会が市長へ要請

 去る2月6日、札幌市母と女性教職員の会のみなさんと市長への要請行動に参加しました。
斉藤会長と柴田事務局長から教育に関わる諸課題について、要望書の一部について要請した後、秋元市長から考えが示されました。
札幌市母と女性教職員の会が市長へ要請

2018/1/31 授業参観しました

 31日、前田小学校において5年生「算数」の授業を参観させていただきました。
札幌市教育委員会は、2016年度から小学校の5・6年で25人程度の少人数による指導を実施する「算数にーごープロジェクト事業」をモデル校で試行的に実施してきました。来年度からは小学校全校で実施する準備に入っています。 当日は5年生38人のクラスが二つに分かれて「分数÷整数」の授業が行われました。担任の先生と講師の先生が同じ教材を使っての授業でしたが、それぞれに個性ある楽しく、わかる授業が展開されていました。
授業参観しました1 授業参観しました2

2018/1/8 2018年中央区新成人のつどい

 2018年中央区新成人のつどいは、8日札幌パークホテル「パークホール」で開催され、来賓として出席しました。今年の中央区新成人は2056人ですが、多くの新成人が会場を埋めました。
 例年のように、新成人代表11名が登壇し、市民憲章の唱和のあと2名からメッセージが送られました。中央区長のお祝いの言葉で閉式後、ミニコンサートで集いの幕を閉じました。
2018年中央区新成人のつどい

連絡先

札幌市議会民主市民連合議員会

札幌市中央区北1条西2丁目

TEL 011-211-3212

MAIL: h-mamoru@mvg.biglobe.ne.jp