本文へスキップ

札幌市議会議員(中央区) はせがわ 衛

いきいき活動~2018年report

2018/12/11 文教委員会が開かれました

 11日13時から文教委員会が開かれ、第4回定例市議会で委員会に付託された議案などの審議が行われました。議案は、補正予算関係分、公の施設の指定管理者指定の件、札幌市立学校教職員の給与に関する条例の一部改正案などで、すべて全会一致で可決しました。 また、「子ども・保護者・保育労働者の緊急課題の実現を求める陳情」の審査も行われ、継続審査になりました。
最後に「札幌市教育振興基本計画改訂版(案)」についての質疑が行われ、私から、子どもの権利条例との関係などについて質問しました。

文教委員会

2018/11/29 第4回定例市議会始まる

 2018年第4回定例市議会が11月29日に招集されました。
今定例会に市長から提出された議案は24件で、本日の本会議において市長より提案説明が行われました。第1号議案は、2018年度札幌市一般会計補正予算では、1)職員の給与改定に伴う職員費増額分 2)北海道胆振東部地震等災害復旧費(農政費)に追加分 3)学用品の単価改定などに伴う小中学校教育扶助費の追加分 等で、補正総額13億2,000万円となります。この財源には、国庫支出金約4億880万円を充て、残りの約9億1200万円は繰越金と財政調整基金が充てられものです。
その他の議案は、職員の給与改定に伴う条例の一部改正や公の施設の指定管理者の指定の件などです。
会期は12月13日までで、5日及び6日に代表質問が行われます。

2018/11/27 札退教美術展が始まりました

 例年行われている札幌市退職教職員協議会主催の美術展が、11月27日から札幌資料館2F展示場で始まりました。私は今年も写真を3点出展しました。12月2日で終了します。

作品名 燃える秋3景~中島公園、アルテピアッツア美唄、北大イチョウ並木

札退教美術展 札退教美術展
札退教美術展 札退教美術展

2018/11/16 JR苗穂駅自由通路・橋上駅舎完成記念式典

 11月16日、移転した苗穂駅新駅舎(橋上駅)及び自由通路の完成記念式典が行われ、来賓として出席しました。
新駅舎はガラス張りの開放的な造りで、2階に新駅舎があります。また、中央区と東区を結ぶ自由通路は広く、自転車でも通行可能となっています。
中央区からサッポロビール園やアリオ札幌へ、東区からサッポロファクトリーへの行き来も便利になりました。
苗穂駅新駅舎

記念式典テープカット

苗穂駅新駅舎

自由通路階段(エスカレーターもある)

苗穂駅新駅舎

自由通路(中央区側から)

苗穂駅新駅舎

橋上新駅入口

2018/10/28 秋田犬展覧会

 10月28日、つどーむにおいて「第6回秋田犬保存会北海道道央支部展覧会」が開催され、来賓として道下大樹衆議院議員と共に出席しました。保存会の会員は、「天然記念物秋田犬」の保護育成と発展に努力しています。
 平昌オリンピック、フィギュアスケート女子の金メダリスト、ロシアの ザギトワ選手に贈られた秋田犬「マサル」の報道などで海外でも有名になり、国内でも人気が上昇しています。今年も会員が丹精込めて育てている秋田犬が出展されました。
秋田犬展覧会 秋田犬展覧会

2018/10/16 決算特別委員会で質問に立ちました

 第一部決算特別委員会は10日から局別に質疑が始まりました。16日は教育委員会関係の質疑が10時から始まりましたが、私から下記の2項目について理事者の考えを質しました。 決算特別委員会で質問に立ちました
 1)通学時の携行道具について
・子どもたちの学習用具等の重さや量への配慮に関する問題について(特に、中学校の部活動の用具の持ち運びの負担軽減対策)
 2)立夜間中学の設置に向けての取り組みについて

2018/10/5 文教委員会が開かれました

第3回定例市議会に上程された議案のうち文教関係議案、陳情3件(いずれも「青葉小学校と上野幌小学校の『学校統廃合』に関する陳情」)の審査及び札幌市青少年科学館活用基本構想(案)についてそれぞれ審議が行われました。
私からは、札幌市青少年科学館活用基本構想(案)について質問しました。
新さっぽろにある青少年会館は、開館から36年が経過し、展示物の老朽化に加え、部分的な改修を重ねていたことに展示相互の関係性が伝わりにくい状況になっています。プラネタリウムは2016年にリニューアルし人気を持続していますが、展示物は最先端技術などに対応したものなっていません。子どもたちは勿論のこと、多くの市民にとって最新科学を学べる魅力ある科学館にしていくことを求めて質問しました。
ここシェルジュSAPPORO開設

札幌青少年会館

2018/10/4 ここシェルジュSAPPORO開設

 母親の就労と子育て支援の相談を一括して受け付ける常設の窓口を札幌エルプラザ(北区北8条西3丁目)の4階に開設しました。子育て経験のあるキャリアカウンセラーが求人情報や保育施設の空き情報を提供したり、仕事と子育ての両立のための相談に応じる。
キッズコーナーや授乳室などもあり、火、金曜日は無料の託児サービスもある。
また、同じフロアには、仕事の打ち合わせや、小さな講座等に利用できる女性のためのコワーキング(共同ワークスタイル)スペース「リラコワ」もある。
ここシェルジュSAPPORO開設 ここシェルジュSAPPORO開設
ここシェルジュSAPPORO開設 ここシェルジュSAPPORO開設

2018/9/27 文教委員会市内視察

 9月27日、市議会文教委員会で東雁来児童会館(愛称:かりたま)を訪問しました。東雁来児童会館は、札幌市が初めて開設する中高生や地域住民も利用できる機能を兼ねた児童会館で、札幌市内では106番目の児童会館です。この児童会館では「子育てサロン」も実施されており、当日は0歳から小学校就学前までのお子さんと保護者が集い、交流を楽しんでいました。
東雁来児童会館 東雁来児童会館

2018/9/14 豊水歩道橋が撤去される

2015年9月の協議会において撤去が決定していた「豊水歩道橋」は、今年6月から工事に入りましたが、9月14日に本体撤去が行われました。
豊水歩道橋が撤去される

撤去前

豊水歩道橋が撤去される

撤去後

2018/9/13 西2丁目地下歩道が供用開始

 地下街オーロラタウンと札幌市役所本庁舎や札幌市民交流プラザ等に直結する西2丁目地下歩道が13日から供用開始になりました。
創世スクエア地下駐輪場を利用している私にとっても、大変便利になりました。
西2丁目地下歩道が供用開始

市役所本庁舎地下2階と直結

西2丁目地下歩道が供用開始

市民交流プラザ入口

西2丁目地下歩道が供用開始

オーロラタウンから西2丁目地下歩道へ

2018/9/2 第4回狸八祭り

 9月2日、今年で4年目を迎えた狸小路8丁目で開催された「狸八祭り」は、晴天に恵まれ参加者で8丁目を埋め尽くしました。祭りは年々充実し、セブンイレブン前の駐車場の広場では音楽バンドの発表や獅子舞など多彩な催しが行われました。
私も昼過ぎから夕方まで、多くの方々と交流でき、楽しい祭りとなりました 。
第4回狸八祭り 第4回狸八祭り

2018/9/1 市電フェスティバル

 9月1日に開催された2018市電フェスティバルは、雨も上がり晴天のもとで多くの市民で賑わいました。今年は路面電車開業100周年を記念した事業も行われました。
私も路面電車100周年記念切手、記念切符、250形電車摸型を購入しました。
市電フェスティバル
市電フェスティバル 市電フェスティバル
市電フェスティバル 市電フェスティバル

2018/8/30 路面電車新型低床車両を新たに1両導入

 路面電車の低床車両は、現在A1200形(通称「ポラリス」)を3両運行しいますが、新たに低床車両1100形を1両導入し、10月の運行を予定しています。
ポラリスより小型で定員は60名(ポラリスは71名)ですが、通路幅が広く段差や傾斜がなく、全席にロングシートを採用し、使い勝手が良くなっています。また、車いすスペースを2か所設置しています。
路面電車新型低床車両 路面電車新型低床車両
路面電車新型低床車両 路面電車新型低床車両

2018/8/22 札幌市民交流プラザの内覧会が開かれました

 10月7日に開館予定の「札幌市民交流プラザ」の内覧会が行われ、参加しました。
「札幌市民交流プラザ」は「さっぽろ創世スクエア」(中央区北1条西1丁目)の低層棟に入る3施設で構成されています。3施設は、札幌文化芸術劇場(愛称・ヒタル)、札幌文化芸術交流センター(愛称・スカーツ)、札幌市図書・情報館で、どの施設も床や壁に木材が使用されており温かみを感じます。
札幌市民交流プラザ

札幌市図書・情報館

札幌市民交流プラザ

解放感のある吹き抜け

札幌市民交流プラザ

札幌文化芸術劇場

2018/8/3 文教委員会で陳情審査を行いました

 8月3日午後1時より文教委員会が開かれ、「保育園において医療的ケアを必要とする児童が受け入れられる体制を整備することを求める陳情」についての審査を行いました。
医療的ケア児とは、チューブを胃に通す経管栄養や呼吸のために器具を取りつけて呼吸の確保によって生命を維持している児童のことで、全国に17,000名いると推定されています。
医療的ケア児は一般の児童のように行動できますが、喀痰の吸引などが必要なため保育園への入園を拒否されるケースが多く見られます。
私から、医療的ケア児の現状と課題について質問しました。尚、陳情は継続審査となりました。

2018/7/29 札幌平和塔記念大祭に出席しました

 29日、札幌平和塔第59周年記念大祭ならびに札幌平和塔記念大祭太平洋戦争戦死戦没者慰霊法要が行われ、平和への祈りを込め、道下大樹衆議院議員とともに今年も出席しました。
30度を超える炎天下、平和を祈るお経が山に響きました。お経の後、導師から平和の塔建立の歴史について語られ、あらためて平和の尊さをかみしめました 。

2018/6/28 総合交通調査特別委員会で参考人招致

 28日に開かれた総合交通調査特別委員会は、北海道新幹線の建設残土について参考人から意見聴取を行いました。
 2030年の延伸開業を目指している北海道新幹線の新函館北斗−札幌間(約211キロ)で、計画されている19本のトンネル(総延長約160キロ)の掘削工事で排出される土砂計2100万立方メートル(東京ドーム17杯分に相当)のうち約3割は処分先が決まっていません。
札幌市内においても北海道新幹線建設に係るトンネル掘削工事等による建設発生土の受入先確保が必要となります。  参考人の北海道大学工学研究院副研究院長である五十嵐敏文氏から、下記の内容について意見が述べられ、その後質疑が行われました。

◇土壌汚染対策法(土対法)
◇自然由来金属等とは
◇汚染土と非汚染土(土壌)
◇要対策土と無対策土(岩ずり)
◇対策案 ◇対策事例の紹介
◇課題

総合交通調査特別委員会 総合交通調査特別委員会

2018/6/22 旧永山邸リニューアルオープン

 2年前に保存改修工事が始まった「旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮」が、23日からリニューアルオープンしました。前日の22日にはオープニングセレモニーが開かれ、秋元市長始め多くの関係者が集まり、オープンを祝いました。私も出席し、模様替えした施設を見学させていただきました。
 旧永山邸は、第2代北海道庁長官・永山武四郎が屯田事務局長時代の明治10年代前半に建てた私邸で、現在北海道有形文化財に指定されています。旧三菱鉱業寮には1階にカフェレストランが新設され、2階の3つの和室は有料の貸室になっており、会議やイベント等に利用できます。  
旧永山邸

秋元市長のあいさつ

旧永山邸

喫茶のテラス

旧永山邸

局長(右端)と記念撮影

2018/6/19~20 視察報告~2つの夜間中学校を訪問しました

19日、20日の両日、横浜市と川崎市の2つの夜間中学校を訪問し、現状や課題について学ばせていただき、授業も参観させていただきました。(詳しい視察報告書は、後日HPにPDFでアップします)
 1)横浜市立蒔田中学校
   横浜市南区花之木町 1947年(昭和22年4月創立)
   昼間学級在籍数:14学級、388名(内:個別支援級2学級7名)
   夜間学級在籍数:3学級36名(内:日本人7名)
視察報告~2つの夜間中学校

正門から見た校舎風景

視察報告~2つの夜間中学校

校長室で説明を受ける

視察報告~2つの夜間中学校

授業風景

 2)川崎市立西中原中学校夜間学級
   川崎市中原区下小田中 1947年(昭和22年5月創立)
   昼間学級在籍数:41学級、1329名(内:サポート級5学級19名)
   夜間学級在籍数:3学級25名(内:日本人7名)
視察報告~2つの夜間中学校

校舎正門

視察報告~2つの夜間中学校

廊下から見た夜間教室

視察報告~2つの夜間中学校

授業風景

2018/6/9 市政報告会を開催しました

 2018年はせがわ衛市政報告会を教育会館で開きました。昨年8月の開催以来の活動をパワーポイントを用いて、約1時間報告させていただきました。 参加頂いた皆様が熱心に耳を傾けて頂きましたことに感謝いたします。 報告内容は下記の通りです。

 1)2017年第3回定例市議会の議案及び意見書などについて
 2)2017年第4回定例市議会の議案及び意見書などについて
 3)財政市民委員会の活動と行政視察について
 4)2018年第1回定例市議会の議案及び意見書などについて
 5)2018年第2回定例市議会の議案について
 6)文教委員会の活動と行政視察について
 7)北海道新幹線札幌駅ホームについて
 8)冬季オリンピック・パラリンピック招致の現状について
 9)質疑応答

市政報告会 市政報告会

2018/6/7~8 伏見中学校職業体験学習

 例年引き受けている「伏見中学校職業体験学習」の1年生7名が2日間、議会の勉強と体験をしました。
1日目は座学で議会の仕組みや札幌のオサイフ(財政)などについて学びんだ後、地下歩行空間(チカホ)や赤レンガプラザなどの現地学習をしました。
2日目は市役所地下の集配センター、印刷所、市長応接室、議長応接室、本会議場、委員会室などを見学後、副議長室で三宅副議長と歓談しました。
最後に2日間のまとめをして体験学習を終えました。今後に活かして頂ければ幸いです 。
伏見中学校職業体験学習

2018/5/29 市議会文教委員会で質問しました

 5月29日、第2回定例市議会における議案の審議が各常任委員会ごとに開かれました。
私の所属する文教委員会では議案2件と報告事項2件について質疑が行われました。
私は「札幌市子どもの最善の利益を実現するための権利条例」に基づく平成29年度取組状況について5点(下記参照)について質問しました。
この取り組み状況の報告は、2009年4月に施行された上記条例の付帯事項として決議されたもので、2010年から毎年報告と質疑が行われ、より良い取り組みを目指しています。
私の質問項目は下記の通りです。
子どもの未来局に対して 市議会文教委員会
・子どもの権利の広報について
・子どもの権利の日について
・子どもの権利の理念を活かした貧困対策について 教育委員会に対して
・「子どもの権利条例」の理解を広める授業について
・「子どもの権利条例」の理解をこれからさらに深める取り組みについて

2018/5/17 子どもアシストセンターと若者支援総合センターを訪問

 5月17日、市議会民主市民連合文教委員3名は、バスセンタービル1号館6階の「子どもアシストセンター」及びバスセンタービル2号館1,2階の「札幌市若者支援総合センター」を訪問し、担当者から施設の説明を受けた後、現状と課題等について意見交換しました。

子どもアシストセンター
 子どもアシストセンターは、2009年4月に施行された「子どもの最善の利益を実現するための権利条例(子どもの権利条例)」に基づき設置された機関で、子どもに関する様々な相談に応じています。組織は救済委員2名(弁護士、臨床心理士)、調査員3名、相談員7名と事務局(札幌市子ども未来局職員)で運営され、年間の相談件数は延べで3000件以上あり、多い年は4000件以上になっているとのことです。この中には、相談者に他機関を紹介したものや、相談者の同意を得て学校や関係機関等に働きかける等の調整活動を行ったものも含まれています。 この機関の特徴は、行政からの独立性が確保された、いわば子どものためのオンブズマンであるところにあり、救済委員には必要と判断した場合に「勧告」「意見表明」「是正勧告」などを行う権限が付与されています。

札幌市若者支援総合センター(Youth+センター)
 札幌市は若者の社会参加活動・交流の拠点として、札幌市若者支援施設“Youth+(ユースプラス)”を市内5か所に開設しています。
若者の生活に少しプラスできるような、社会教育に関するイベントやまちづくり活動などを実施し、若者と地域を結ぶ拠点として社会活動への参加をサポートするほか、講座・交流イベントの開催を通じて、若者の仲間づくりや交流を促進しています。 今回訪問したYouth+ センター(若者支援総合センター)1階には、すべての若者が利用できるフリースペースがあり、ユースワーカーと若者が関わる見守りの場となっています。また、様々な活動のためのレンタルルーム5室あり、ミーティングやダンス、演劇練習などに活用されているとのことでした。
2階は相談専用のフロアになっており、どこに相談してよいかわからない人へのワンストップの相談窓口になっています。また、「さっぽろ若者サポートステーション(サポステ)」の就労相談窓口にもなっています。
ひきこもり等の対人関係や、進路・仕事のことなど、様々な悩みを抱える若者(義務教育終了から39歳)および、家族の相談にも応じています。館長やスタッフの話を聞く中で、サポートに真摯に取り組む熱意を感じました。

2018/5/17 第2回定例市議会始まる

 2018年第2回定例市議会は17日に招集され、会期を6月4日までとし、秋元市長から議案18件について提案説明がありました。一般会計補正予算は、有料老人ホーム等の防火対策として、小規模施設へのスプリンクラー設置補助費や中央区役所の建替えに伴う仮庁舎(大通西2丁目ビル)の改修設計費、後期高齢者医療制度の改正に伴うシステム改修費、除雪の労務単価上昇に対応する経費等です。
今後23日、24日に代表質問を行い、29日に各常任委員会での審議が行われる予定です 。
第2回定例市議会

2018/4/21 立憲民主党北海道連合が結成大会を開きました

 昨年秋に立ち上げた「立憲民主党」の北海道組織が結成にこぎつけました。衆議院議員がいない地域では総支部結成が未だ出来ていませんが、近々結成の予定になっています。
当日は「まっとうな政治を取り戻す」ための方針を決定しました。 終了後、枝野立憲民主党代表と語り合う集会が開かれ、多くの市民・道民が会場を埋めました。そして2時間、隙間のない参加者からの質問に対する説得力ある説明が印象に残りました。
立憲民主党北海道連合が結成大会 立憲民主党北海道連合が結成大会

2018/4/16 創世スクエア駐輪場がオープンしました

 今秋(10月7日)全面オープン予定の創世スクエア高層棟地下1階に、大型駐輪場が一足先に16日オープンしました。収容台数は767台で、秋には西2丁目地下歩道と直結する予定です。
高層棟北側の入り口から手で押しながら下り、帰り(上り)は電動式になっており便利な機能を持っています。また、駐輪した後は創世スクエア正面からも出られるようになっています。札幌中心部は歩道部への放置自転車も多く様々な支障を来していることから、利用者が広がっていくことを願っています。料金は当面無料となっています。
札幌市民交流プラザ

高層棟北側駐輪場入り口付近

札幌市民交流プラザ

駐輪場入り口

三宿中学校夜間学級

入口のスロープ

三宿中学校夜間学級

2018/4/13 公立夜間中学校を訪問しました

 東京都世田谷区の三宿中学校夜間学級を訪問しました。当日は約束の午後5時に、吉田副校長が校門まで出迎えてくれ、午後7時近くまで授業参観を含めて案内をしていただきました。学校の取り組みや現状等については、牧野校長から詳しく説明いただき、今後の札幌市の取り組みの参考になりました。
 東京都には夜間学級設置中学校が8校ありますが、入学資格は基本的に同じです。要件となるのは①学齢を超えていること②原則、義務教育を修了していないこと③東京都に在住、在勤していること、となっています。
三宿中学校夜間学級は現在通常学級に45名、日本語学級に38名が在籍しています。国別では日本人が9名のほかは外国人で占められています。驚いたのは、ネパール人が両学級合わせて47名在籍していることでした。
三宿中学校夜間学級
夜間学級玄関
三宿中学校夜間学級
 校長先生から説明を受ける
三宿中学校夜間学級
授業の様子
三宿中学校夜間学級
当日の給食

2018/3/29 第1回定例市議会閉会

 2月20日に招集された2018年第1回定例市議会は、29日の本会議で閉会しました。この日の本会議では2018年度各会計予算案など議案32件(補正予算案は3月6日の本会議で可決)を原案通り可決、成立しました。また、「消費者被害を防止・救済する実効的な消費者契約法改正等を求める意見書」など意見書案8件が可決、「財務省公文書書き換え問題について真相究明を求める決議」案も可決しました。 第1回定例市議会閉会

2018/3/27 札退教美術展

 恒例の札退教(札幌市退職教職員協議会)の美術展が3月27日から札幌資料館で始まりました。今年も私の作品(写真3点:季節の彩り「春」「夏」「秋」)を出展しました。
札退教美術展 札退教美術展

2018/3/14 第一部予算特別委員会で質問に立つ

 第1回定例市議会予算特別委員会は、第一部、第二部に分かれ審議が続いています。
去る3月14日、教育委員会関係の第一部予算特別委員会で、下記の二項目について質問に立ちました。

1、「算数にーごープロジェクト事業」について
 1)算数にーごープロジェクト事業の目的
 2)クラス編成・専用教材の活用
 3)講師の確保・学校の体制づくり

※札幌市は2016年度から小学校の5・6年で25人程度の少人数による指導を実施する「算数にーごープロジェクト事業」をモデル校で試行的に実施してきました。2018年度からは小学校全校で実施する準備に入っています。
この事業は、小学校でつまづきが大きいとされてきた算数の単元(小5:小数の割り算、割り算と分数、割合など、小6:分数の割り算、比例と反比例、拡大図と縮図など)を、少人数(25人以下)で、わかりやすい共通の教材で進めることで、つまづきを解消させたいとのねらいがあります。 第一部予算特別委員会で質問に立つ

2、教員の長時間労働対策
 1)小学校公開研究会の実態把握、取り組み
 2)中学校部活動に対する取り組み
 3)勤務時間の実態把握と今後の取り組み

※昨年第3回定例市議会決算特別委員会で「教員の長時間労働対策」について質問し、答弁された点について、その後の取り組み等を質しました。

2018/2/22 「 札幌市民交流プラザ」建設現場を視察

 2月22日、財政市民委員会は現在建設中の「さっぽろ創世スクエア(北1西1)」の「札幌市民交流プラザ(札幌文会芸術劇場・札幌文化芸術交流センター)」を視察しました。
10月7日(日)のオープンへ向けて、急ピッチに作業がすすんでいました。
札幌市民交流プラザ
市役所側から見た「創世スクエア」
札幌市民交流プラザ
施設全体概要
札幌市民交流プラザ  札幌市民交流プラザ
札幌文化芸術劇場(hitaru)の工事現場

2018/2/20 2018年第1回定例市議会始まる

 2月20日、第1回定例市議会が招集され、会期を3月29日までの38日間としました。
当日は秋元市長から所信表明が行われましたが、その最後に、任期最終年度を迎える一年を「翔」という一字に、札幌の街が飛翔し、目的を成し遂げていくという思いを込めて決意を述べました。その後、2018年度予算編成方針の説明、第1号から第55号までの議案について提案説明が行われました。
 2018年度一般会計予算規模は1兆116億円で前年度比1.5%増、公債会計を除いた特別会計、企業会計を合わせた合計では、国民健康保険会計規模の縮小などの影響により、1兆6344億円となり前年度比1.1%の減となっています。
2018年第1回定例市議会始まる

2018/2/13 第12回医大病院スノーフェスティバル

 去る2月13日、14日に恒例になった医大病院スノーフェスティバルが開催されました。
昨年は医大病院に入院中で励まされる立場でしたが、今年は点灯式に参加できました。
第12回医大病院スノーフェスティバル
日中にスノーキャンドルをつくる保育園の園児たち
第12回医大病院スノーフェスティバル
メイン会場に造られた滑り台ではしゃぐ子どもたち
第12回医大病院スノーフェスティバル
甘酒を振舞う実行委員長
第12回医大病院スノーフェスティバル
作成に参加したNPOノック・オンのメンバー
第12回医大病院スノーフェスティバル
医大遊歩道全景

2018/2/6 札幌市母と女性教職員の会が市長へ要請

 去る2月6日、札幌市母と女性教職員の会のみなさんと市長への要請行動に参加しました。
斉藤会長と柴田事務局長から教育に関わる諸課題について、要望書の一部について要請した後、秋元市長から考えが示されました。
札幌市母と女性教職員の会が市長へ要請

2018/1/31 授業参観しました

 31日、前田小学校において5年生「算数」の授業を参観させていただきました。
札幌市教育委員会は、2016年度から小学校の5・6年で25人程度の少人数による指導を実施する「算数にーごープロジェクト事業」をモデル校で試行的に実施してきました。来年度からは小学校全校で実施する準備に入っています。 当日は5年生38人のクラスが二つに分かれて「分数÷整数」の授業が行われました。担任の先生と講師の先生が同じ教材を使っての授業でしたが、それぞれに個性ある楽しく、わかる授業が展開されていました。
授業参観しました1 授業参観しました2

2018/1/8 2018年中央区新成人のつどい

 2018年中央区新成人のつどいは、8日札幌パークホテル「パークホール」で開催され、来賓として出席しました。今年の中央区新成人は2056人ですが、多くの新成人が会場を埋めました。
 例年のように、新成人代表11名が登壇し、市民憲章の唱和のあと2名からメッセージが送られました。中央区長のお祝いの言葉で閉式後、ミニコンサートで集いの幕を閉じました。
2018年中央区新成人のつどい

連絡先

札幌市議会民主市民連合議員会

札幌市中央区北1条西2丁目

TEL 011-211-3212

MAIL: h-mamoru@mvg.biglobe.ne.jp